遺産相続順位(妻・子供)と相続放棄できる期限

遺産といえば、現金や不動産といったプラスの財産のイメージがあります。
ところが、実際には負の財産が少なからずあるものです。
例えばローン支払い中の車であれば、車は財産ですが、ローンは負の財産です。

遺産相続は、プラスもマイナスもすべて受け継ぐのが基本であり、財産だけ受け継いで借金は受け継がない、というような都合の良いことはできません。

プラスの財産のほうが多ければ良いですが、時にはマイナスのほうが多い場合もあります。
めぼしい財産は一切なく、多額の借金だけを残して死んでしまった、という場合、相続すれば遺族が借金だけを背負うことになります。
このような場合、権利を放棄をすることで、財産を一切受け継がないことができます。

ほかには、例えば妻と子供がいるとして、妻にすべての遺産を相続させたい、というような場合に子供だけが放棄の手続きをすることがあります。
放棄の期限は、死亡してからから3ヶ月以内に行わなければなりません。
非常に短い期間しかありませんので注意しましょう。

放棄に必要な書類は、裁判所のホームページからダウンロードできる申述書や戸籍謄本などで、用意するのにそれほど手間はかかりません。
しかし、家族が亡くなった直後は何かと多忙になりますので、スムーズに進めたいなら弁護士に依頼するのが一番でしょう。

参考:遺産相続

遺産相続でもらえる割合は?

遺産相続においては現金を受け継ぐケースが特に多いかと思いますけど、相続する割合っていうのが決まっています。
これは相続人として誰がいるか?というパターン次第な部分もありますけど、一般的なケースでは妻と子供というパターンになりそうです。

妻と子供は相続人としての典型例だと思いますが、このケースだとそういった割合で遺産の相続が行われるのでしょうか。
この2人が相続人のケースでは、妻が全体の半分の金額を受け継ぎます。

そして、残りを子供が遺産を相続するという形になるのです。
妻は常に遺産の半分にあたる金額を、そして子供は残りですから、同じく半分を相続するということになります。

ただし、子供が2人以上いる場合にはその全体の半分にあたる金額を子供の人数で割ります。
つまり、子供が2人いると、全体の4分の1に当たる金額をそれぞれの子供が相続するということになるのです。

子供が1人ならば妻と同額の金額ということになりますけど、2人以上いると、どんどん金額が下がってしまうのです。
これが遺産相続で行われる典型的な割合のパターンかな?と思いますから、事前に知っておくとトラブルが起きづらいのではないでしょうか?

遺産相続の遺留分の権利は孫や兄弟にはない

遺言によって、自由に遺産を渡せる相手を決められる、と思っている人は多いでしょう。
自分が築いた財産を誰に遺すのか、自分で決めたいと考えるのは当然のことです。
確かに基本的には遺言で財産を受け継がせたい相手を自分で決めることができます。

しかし、すべて思い通りにはならない場合があることも、知っておく必要があります。
思い通りにならないケースとは、遺留分を侵害している場合です。

遺留分とは、法定相続人の最低限受け取れる権利のことで、権利があるのは被相続人の配偶者、子供、親だけです。
孫や兄弟には、権利はありません。

法定相続人が著しい不利益を受けないように定められた法律で、たとえ遺言があっても、一定の権利が認められることになっています。

例えば配偶者と子供は、2分の1の遺留分が認められています。
例えば妻と幼い子供を残して夫が死亡したとしましょう。

交際を始めたばかりの愛人に全額遺産を渡すという遺言を夫が書いていた場合、残された妻と子供は著しい不利益を被ることになります。
しかし、故人の遺志も尊重しなければなりません。

このケースでは、愛人が全財産の半分、妻が4分の1、子供が残る4分の1となります。
但し、遺言によって遺産を受け取った人物が任意で応じなければ、調停や訴訟が必要になってきます。

遺産相続で兄弟と裁判になった体験談

私の父は、6人兄弟の双子の末っ子です。
現在、69歳です。
父の両親は資産家で、かなりの資産を持ってました。

祖父は30年前に亡くなり、その後は祖母が資産、母屋を遺産相続しました。
祖母はお金を持っていることを強みに、かなり傲慢な性格でした。

父の兄弟構成は、兄2人、姉2人、双子の弟1人です。
次男は25年前、50歳という若さで亡くなりました。

また、次男はアパートを建てており、1億円という多額の借金を残しましたが、その借金はすべて祖母が返しました。
姉2人は、お金を持っている祖母にベッタリ、人生一度も働いたことのない箱入り娘です。

そんな親が育てた娘なので、また傲慢な性格の姉2人です。
父親の兄弟の遺産問題が初めて起こったのは、ある出来事がきっかけでした。

祖母は、姉2人を信頼しており、通帳を長女に預けていました。
ある日、祖母は通帳の残高を不信に思い、父に調査を依頼しました。

すると姉2人は、自分の家族分、それぞれの口座に数百万円のお金を振り込んでいたのです。
それを知った祖母、父は憤慨し、祖母は姉2人と縁を切り、このとき長男も亡くなっていたため、父が通帳の管理を任されることになりました。

この問題が発覚したため、祖母は生前贈与することにし、姉2人、父、弟に遺産相続しました。
祖母は7年前に亡くなりましたが、このあと、祖母が管理しているアパートを巡り、父は弟と相続争いの裁判になり、その裁判はまだ続いています。